株式会社 豊徳
ロゴ

業務の流れ

踏査

トンネルが設置されている現場は、土被りが小さかったり偏土圧がかかっている場合が多く、 これらの影響によってトンネルに変状が出ている可能性があります。

踏査では、トンネル周辺の概略地形、地表のひび割れ・陥没、立木の傾斜等から地表面の異常の有無を確認し、点検業務の参考資料といたします。

点検

点検項目 点検内容 作業に必要となる道具
1) 打音目視点検 ・ひび割れ(幅・長さ)
・浮き、剥離・剥落
・漏水(溶脱物含む)
・打音ハンマー
・クラックスケール
・高所作業車(トラック搭載式)
2) 遠望目視点検 ・ひび割れ形状
・漏水(溶脱物含む)
・双眼鏡
3) 漏水調査 ・漏水量
・漏水形状
・メスシリンダー
  • 打音目視点検

    (JRトンネル)

  • 打音目視点検

    (道路トンネル)

  • 遠望目視点検

変状展開図作成

点検で見つかった変状をCAD図にて作成いたします。

健全度判定

点検した施設の劣化状況によって健全度判定を行い、
要観察・補修・補強等の対策へと分類する根拠とします。

具体的には、点検した施設の劣化状況を変状原因別(外力・材質劣化・漏水等)にブロック別変状判定し、これに基づいて施設の健全度判定を行います。

対策工設計

点検で見つかった変状をCAD図にて作成いたします。

対策工設計

変状展開図・健全度判定の資料に基づいて、対策工設計を作成・ご提案いたします。

1) 対策工検討 トンネルの変状原因を推定し、適切な対策工の検討をいたします。
2) 対策工設計 検討した内容に基づいて、図面等の作成を行います。
3) 数量計算書作成 対策工に必要となる材料等の数量計算を行います。
4) 概算工事費作成 対策工の概算工事費を算出いたします。

業務の流れ

踏査

JR近接施工においては、計測を並行させて工事を実施するように『近接工事設計施工マニュアル』(東日本旅客鉄道株式会社、2008年7月)にて定められています。また、経年劣化・災害等に伴う構造物の変状については、二次災害を防ぐために計測(動態観測)を並行させての復旧工事が不可欠です。

このため、現地の状況に応じた妥当な計測方法を検討するために、現地踏査を行います。

計測計画立案

計測

計測計画書に基づいて、計測機器の設置・日常管理を行います。なお、JR近接施工に伴う計測管理においては、月例点検の際に軌道検測(下図)を行います。

  • 軌道検測

  • 軌道水準測量

報告書作成

業務の流れ

踏査・測量

一般的な現地測量に加え、点検部門・計測部門の踏査の際に縦断測量によるトンネル等の構造物位置の確認、横断測量による構造物断面寸法の確認(下図)を行います。

  • 横断測量による
    構造物断面寸法の確認

成果とりまとめ

踏査・測量の成果を取りまとめます。これに基づいて、変状展開図作成、対策工設計等の資料を作成いたします。

業務の流れ

帳簿等作成

これまでは既設構造物の劣化が進行した場合、更新整備(=改築)を実施してきました。近年は施設の長寿命化の観点から、適切なタイミングで補修・補強等を実施することで既設構造物の供用年数を延ばす方法が採用されてきています。

機能診断に基づく機能保全対策の実施を通じて、既設構造物の有効活用や長寿命化を図り、ライフサイクルコストを低減するためのストックマネジメント手法に基づいた保全対策シナリオ設定等の作成をいたします。